イースト・シベリアン・ライカと早坂

子どもの頃から歯並びが良くありませんでした。ですから、歯医者で矯正をしてもらうことにしたのですが、矯正を始めて3週間くらいで体調不良が続くようになりました。矯正をしてから日も浅かったため、まさか歯科矯正のせいだとは全く気づきませんでした。病院の先生が言うところによると、本来の自分の噛み合わせが普通ではなかったらしく、矯正で歯並びを変えようとすると肩こりや頭痛などの体調不良が引き起こされることがあるそうです。歯科矯正の際にこうしたリスクをきちんと説明すべきだと思います。若い女性などを中心にホワイトニングの利用が進んでいますが、これは、セルフケアでもできるのが利点の一つです。自分の歯の形に合ったマウスピースを歯科で作ってもらい、あとは一日2時間ほど、薬剤を使って歯を白くしていくだけです。また、市販されているマウスピース付きのホワイトニング剤を使い、完全に自宅だけで行う方法というのもあり、最近話題になっています。費用は高くても一万円程度なので、歯科に比べるとずっと安いですし、歯に与えるダメージが少ない、色が戻りにくいなどのメリットもあります。ホワイトニングで真っ白な歯をゲットすれば、あなたの笑顔はもっと素敵なものになりますね。一度は白くなったのにまた黄ばんでしまった、という「ホワイトニング失敗談」もたまに耳にします。確かに、ホワイトニングのやり方によっては、せっかく白くした歯もすぐにまた黄ばんでしまうのは確かです。一番確実な方法は審美歯科で治療してもらうことですが、利用するホワイトニングの手法に加え、いつまで白い歯でいられるのかなどを確認して、施術を受けるべきです。また、ホワイトニングと並行して歯列矯正も行いたいなら、両方の実績がある歯科を選びましょう。ホワイトニングを一度歯科で受けたあと、自分での手入れはどのように行うのかという点には興味をお持ちの方が多いことでしょう。歯科治療に関しては、ホワイトニングだけではなく、他の美容目的の施術、例えば歯列矯正などでも、継続的に検診を受け続けることが必要でしょう。オフィスホワイトニングは一度で効果が得られますが、それきりで終わりと思わず、必ず担当医の指示に従って経過観察に通うようにしましょう。子供の頃から顔の形が気になるという場合、ひょっとしたら、歯列が骨格の形に影響している場合が往々にしてあります。上顎が前に突き出た「出っ歯」や、下顎が突き出た「受け口」では、矯正を経て、歯並びのみならず顔の形まで改善されるという好例があります。歯列を治せば、ストレスなく食事をしたり、奥歯を噛み締めて力を入れることが当たり前にできるようになりますから、日々の動作が自然になることで笑顔も綺麗になるでしょう。歯科矯正のブラケット(器具)を装着してから、取り外せるようになるまでの時間は、患者さん一人一人によって変わりますが、それでも一年から二年くらいの時間が必ずかかるものです。生活習慣や体質によっても異なるので、もっと早く終わる人もいれば、もっと長くかかる場合もあります。子供の内は勿論のこと、大人で歯並びを気にされている方は、なるべく早く専門医に相談してくださいね。矯正器具を付けている間は、自分でもわかるほど口臭がひどくなるケースが多いようです。主な要因は、器具と歯の隙間に食べ物が挟まって腐敗することです。これは、矯正期間が終われば無くなるもので、仕方ないものと割り切ってもいいのですが、周囲の人から避けられるようでは大問題です。皆さんも、歯科矯正を受けるなら、歯磨きやマウスウォッシュを携帯し、小まめな口内ケアに注意するのがいいと思います。歯を綺麗にするホワイトニングは最近注目されていますが、あくまで自前の歯にしか効果がないので注意してください。自分の歯を失って、差し歯やインプラントを使用しているという場合、その部分にはホワイトニングの効果は現れません。たとえほかが白くなっても、一部だけ白くない歯が残っていたら、却って全体の印象が不自然になるかもしれません。しかし、歯科に相談すれば、差し歯の交換など色々な方法がありますから、歯医者さんに相談してみてくださいね。せっかくなら歯科矯正も同時に受けたいと思っているなら、審美歯科という、歯の美しさの改善を専門にしている歯科をお勧めします。煙草が手放せず、どうしても歯の黄ばみが取れない、といった悩みには、ホワイトニングが一つの救いになるでしょう。短期間で真っ白な歯を実現するには、最も合った方法です。タバコの他に、服用している薬によっても変色することがありますが、歯の表面を傷付けることなく、白い歯を実現できるのが利点といえます。歯並びだけを気にして、歯科矯正を受けたとしても、肝心の歯が黄ばんだままでは結局、全体の印象としては良くなりません。ずっと歯並びが気になっていたのですが、矯正を始めたのは成人してからでした。大人になってからの矯正も、方法自体は子供と変わらないそうですが、歯並びが顎の骨が完成してしまっている分、一朝一夕では矯正できず、長い時間をかけて治療を進めるしかないということでした。また、今の歯並びに合わせて舌癖も付いているので、この点も時間をかけて直さなければなりません。いずれにせよ、1年から3年ほどの時間はかかりますから、若い内に矯正しておきたいのなら、専門医に少しでも早く相談する必要があるでしょう。歯を綺麗にするホワイトニングには、大きく分けて、歯科で処置を受けるオフィスホワイトニングという形式と、自宅で少しずつ処置を進めていくホームホワイトニングという形式がありますが、すぐに真っ白の歯を手に入れたいという方には、ホームホワイトニングよりもオフィスホワイトニングを推奨しています。煙草や服薬などの生活習慣がない限り、おおむね一回の施術でかなりの白さを実現できます。ちなみに、歯列の矯正を受ける方の中では、まずホワイトニングを済ませて、それから矯正に移るといった方法を用いる方もいます。一風変わった体験談としてたまに声を聴くのは、歯並びの矯正をすると、肩こりも治ったという話です。これはデタラメではありません。歯並びは頭蓋骨と直結しており、首、そして肩までも歯並びの影響が出て、とうとう肩こりになってしまう場合があります。普段から運動しているのになぜか肩こりになるという方で、恐らく歯並びが理由だろうと心当たりの方は、矯正を専門としている歯科医院を訪ねてみれば、すんなり解決するかもしれませんよ。歯のホワイトニングの利用を検討するとき、どこの歯医者さんに行けばいいのか、お悩みの方もいるでしょう。そんな方にアドバイスです。虫歯治療を受けるような普通の歯医者さんでも、今頃はホワイトニングを受けられるのですが、歯を綺麗にする施術に特に長けている「審美歯科」と呼ばれるクリニックも最近はよく見かけます。ホワイトニングの扱いに長けていますから、着色の原因から分析して、歯を美しくすることを第一に考えた治療を行ってくれます。インプラントや歯列の矯正といった処置を受ける際にも、その道の専門医を頼ることが最も安心といえます。多くの方が利用されている歯科矯正。それは、器具を用いて歯を動かし、ゆっくり時間をかけて、歯並びを治していくものです。むろん、歯に負担がかかるほどの負荷というわけではないですが、日々器具を付けていることによる違和感や、歯に力がかかる痛みを問題視する方もいらっしゃいます。器具を付けてしばらくすると違和感はなくなりますが、時間が経ってもまだ痛みを感じるという際には、放置せずに治療担当の歯科医師にそのことを告げてください。歯を白くするホワイトニングや、歯並びを綺麗にする歯科矯正。その施術のために通院する頻度や日数は、歯医者さんの治療方針や、また患者さんの状況によっても違いが大きいと言われています。歯や歯茎の状態、つまり虫歯や歯周病の有無などでも治療完了までの回数は変わってきますから、最初に行った時に聞いておくべきでしょう。また、一般歯科で虫歯などの治療を済ませてから、歯科矯正やホワイトニングは、それ専門のクリニックで受けるというのもお勧めです。口元がきれいだと端正な顔立ちに見えますし雰囲気が変わると思います。そんな訳で、小さいうちに歯科矯正をして口元を整えるのが良いでしょう。まだ歯が抜ける前から矯正すれば、おとなの歯になった段階で整った歯列を保つことが出来ます。これから人生を健康的な歯で過ごすためにも小さい頃から歯科矯正して口ものと整えておくことがおススメです。歯の表面についた煙草のヤニや黄ばみを落とせる、ホワイトニング用消しゴムというものをドラッグストアで見つけました。消しゴムの使用は1週間に一度くらいに留めるようにとパッケージにも書かれていましたが、早く歯を綺麗にしたくて、毎日のように使ってしまっていました。あまり頻繁に使いすぎると、歯を傷付けるばかりか、内部組織が露出することで却って黄色く見えたりすることを知らずに使っていたので、取り返しのつかないことをしてしまいました。何か月か前にようやく歯科矯正が完了したばかりだったことも、余計に歯を痛める原因になったのでしょう。最近は歯並びを気にする方が増えてきました。進学や就職、結婚などの転機が切っ掛けになって、コンプレックスだった歯並びを矯正しようと考える方がいます。ですが、歯列の矯正は、納得いく施術をしてくれる歯科はそう多くありませんから、施術を受ける歯科の選択に全てがかかっています。矯正を得意とする歯科は、そのことを看板やインターネットのサイトにも掲げているので、そういうクリニックを率先して選ぶことをお勧めします。歯並びの治療と言えば歯科矯正ですよね。でも、いくつかのリスクも心得ておいてください。本来の歯並びを矯正器具を使って動かして歯並びを良くするわけですよね。ですので歯や歯茎のみならず、これらを支えている顎や骨にも負荷を与えていることになります。理想の口元になるために痛みや違和感を我慢してでも中断はぜったいしない、などと勝手な判断をしないように注意してください。痛みや違和感を我慢していては逆効果になってしまいます。以前、歯科矯正で体調を崩したので、残念ですが矯正を外してもらいました。これで歯並びに自信が持てるかと期待していただけに、矯正を中断するのはがっかりしましたし、悔しかったです。歯医者さんに、他の矯正方法があれば教えてほしいと尋ねてはみたのですが、これといった方法は見つからなかったそうです。矯正にも、向いている歯並びとそうでない歯並びがあるなんて、初耳でした。歯科矯正には、器具を装着する以外にもマウスピースを使用する場合もあります。マウスピースの利点は、目立ちにくいというところが大きいですよね。マウスピースは装着しているかどうかパッと見て分かりにくいのはもちろん、マウスピースの使い方によっては装着時間が短いものもあります。外出の際は外しておいて、家にいる時や眠りについている間だけつけるというのも可能なものありますから、外で知られることなく矯正治療を行えます。歯列の矯正に伴って生じる痛みには、瞬間的なものと継続的なものがあるので、それぞれの性質を知っておきましょう。瞬時に生じる痛みのほうが、苦痛の度合いは強いといわれていますが、心情的にキツイのは継続的な痛みのほうですよね。鈍痛は器具で歯を動かしている限り常に生じるものですし、他にあるのは、金属製のブラケットが口腔内の粘膜を傷付けてしまい、常に口の中に生傷が絶えないという状態になるのです。大人になってからの矯正は、長年この痛みと付き合うということなので、そういうことに弱い人には、歯科医院でも歯列矯正の利用はお勧めしていません。噛み合わせや歯並びのために矯正をする場合、矯正の方法と治療に必要な時間については患者によって随分違うらしいです。何本の歯に歪みがあるのか、歪んだ歯をどれだけ矯正で元に戻せるのかといったことが矯正方法や治療期間を決めるうえで重要な点です。歯科矯正の治療の流れですが、虫歯の治療が必要であれば、まずそれを治します。その上で矯正の計画を立て、計画に沿って歯に器具を装着したあとは、経過観察となるようです。矯正方針やスケジュールによって、必要な治療の期間が分かると思います。自分は、外食時にも必ず食後の歯磨きをしなければ落ち着かず、常に歯磨きセットを携帯し、毎食後に5分くらい歯磨きをしています。段々と歯磨きにかける時間が長くなり、外食の際など特に不便を感じてしまうのです。ですが、最近になってやっと、マウスウォッシュを歯磨きのかわりに使うようになり、便利になりました。誰もがホワイトニングを行い、歯の白さを保つべきだと思います。自分だけでなく、周りのためにも歯の印象は大事だからです。好印象の口元にするためには、ホワイトニングの他に、歯並びを直す歯列矯正を受けてみるのもいいでしょう。今まではワイヤーを用いた歯科矯正が普通で、この場合は外からワイヤーが丸見えなのが気になるのを多くの患者さんが気にしていました。ところが、透明なマウスピースを歯全体にかぶせるという方法が開発されたため、周囲の人に悟られない内に歯並びを矯正できる治療法も可能になりました。これは大変喜ばしいことです。その上、マウスピースを外して歯磨きなどのケアもできるので、衛生面でも申し分なく、この先、この方法が一気に歯科矯正の主流になるのではないかと思われます。歯の綺麗な女性は美人と言われますね。歯並びを矯正すると、前より美人扱いを受けることが多くなるという話もあります。歯並びの悪い場合に比べて、歯並びが揃っていれば、周りの印象もグッとよくなるのです。このように、歯並びは思った以上に大事な要素ということが言えます。また、歯科矯正による「美人効果」で言うと、悪かった噛み合わせが治ったために、顔の形そのものも改善されたといった話もありますから、それだけ多くの効果があるのです。一年ほどの間、ずっとホワイトニングばかりをしてきました。白い歯は健康的な印象を与えると思っていたためです。ですが、正直言って逆効果でした。表面的には白くなりましたが、歯自体は逆に弱ってしまったのです。私の注意は歯茎には向いていなかったのです。歯の美白ばかりを意識していたので、口内に負担がかかり、歯茎が弱ってしまっていて、冷えた飲み物などを口にした際に、沁みるようになって痛みを覚えます。また、歯並びの矯正もしておけばよかったと今は思います。歯列矯正を行っている最中には、食べてはいけないものがあります。力を入れて噛まなければならないようなものは基本的に食べられません。煎餅やビスケットなど、それに固い肉などは、歯や顎の負担にもなりますから、食べるべきではありません。逆に粘性のある食べ物、例えば餅なども、歯にくっついて、歯がグラついたり動いたりするもとになるので、硬いものと同様、食べないように先生に言われるでしょうね。歯科矯正の治療費はまだまだ高額です。では、海外で受ければ国内より安価なのではないかと思われますが、それほど変わらないか、むしろ日本より高くつくことが多いです。例として、アメリカ合衆国で矯正を受けるとすると、多くの場合、保険が適用されないと聞きます。もちろん、何か月も何年も通わなければならないのは日本でも外国でも同じです。その期間中は何度も定期的に病院に通い、経過観察や、器具の調整をしてもらうことになります。そのあたりの事情も考えると、慣れ親しんだ日本で受けるのが最良だと思います。患者さんの負担にならない歯科矯正が増えてきましたが、それでも気を付けなければならないのは、食事後の口内ケア、また運動時の動きです。器具を付けていると、どうしても口内に食べ物が残りやすいので、いつもよりも丁寧な口内ケア無くしては歯を清潔に保てません。さらに、運動時など力を入れる際には、歯を食いしばることが多いですから、ワイヤーやブラケットが干渉して、口の粘膜を傷付けることや、せっかく動かしている歯に別方向からの力が加わる悪影響もあります。これらの注意事項をあらかじめ歯医者さんで確認しておいてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です